人気ブログランキング |

ブログトップ

気管にできた腺様嚢胞癌と闘う母の記録

手術、無事終了!


2018.1.29(月) つづき。

15:15に手術室へ。
家族にはPHSが渡されるので、病院内どこで待機していても連絡がくるようになっている。
軽く食事をして、手術室近くの待合室で待機した。

説明では、2時間程度で終了予定と聞いていたけど、2時間過ぎても3時間過ぎても連絡がなく、気付いたら窓の外は真っ暗に。
どうしたんだろう…父も私も不安でたまらないけどジッと待つしかない。

約4時間経った7時にようやくPHSが鳴った!
『手術は無事に終わっているのですが、痰がかなり多くてその処置をしているので、もう少しお待ち下さい』と。

無事に終わったとの連絡にとりあえずホッ。

手術室からICUに戻った母に面会できたのは、それから2時間後の午後9時。
まだ麻酔が効いていて目覚めてないし、いろんな管に繋がれてる状態だけど、姿を見て安心した。

執刀医からのお話によると、
*取れる部分の腫瘍は全て削ぎ落とせた。
*削ぎ落としたところからの出血と痰がかなり出るので、一時的に気管にステントを入れた。
*しかしその後血圧がかなり低下し、脱水症状も起きてきたので、人工心肺に切り替えて呼吸を確保した。
*ステントをはずして気管チューブを入れたので、1週間ぐらい人工呼吸器で呼吸を管理する予定。

途中 輸血も500cc入れて、かなり危険な状態だったそうだけど、命の危険は脱したとのことで、本当に本当に良かった!
気管内の腫瘍を全部取ってもらえて本当に良かった!
この病院に転院できて本当に良かった!



インフルエンザ発症から始まり、介護タクシーで約2時間の移動、転院、即手術 という、1日の出来事とは思えない1日。
母、よく乗り切って頑張ってくれました!

by necorin29 | 2018-02-24 12:10 | Comments(0)