人気ブログランキング |

ブログトップ

気管にできた腺様嚢胞癌と闘う母の記録

頭の中はパニック。


2018.4.17(火) つづき

病院に着いたら父が病室の前で待っていて、そのまますぐに面談室で先生から話を聞くことになった。


*気管支鏡検査をするにあたり、午前中にCTを撮ったところ、かなり気道が狭くなっていることが確認できた。
*詳しくは気管支鏡検査をしてみないと分からないが、痰もかなり絡んでいるしこのままでは窒息死する可能性がある。
*早急に窒息を回避するための手術が必要だが、リスクはものすごく高い。
*気道が狭くなっていること、放射線治療をして間もないことで気管内の皮膚が弱くなっていることなどから、これから行う気管支鏡検査も 検査中に咳き込んだりすると管があたって大出血し、それで窒息してしまう可能性もある。
*本当は管を喉の奥の方まで入れて詳しく検査したいが、出血のリスクを考え、今日は入口のあたりだけをみることにしておく。
*その検査結果を見て、あとでまた今後のことをお話ししましょう。


このような説明だったと思う。



もう何が何だか訳がわからない。
こんな状態でなんで退院させたの?
窒息寸前てどーゆうこと??
なんでなんでなんで???ばかりが頭の中を駆け巡る。
こっちの先生に言っても仕方ないけど、
こんな状態で退院させるってどうなんですか⁉︎
おかしくないですか⁈
って言ってしまったような気がする。

でも今はそんなことを言ってる場合じゃない。
手術するしないは置いといて、今は気管支鏡検査が無事に終わることを願おう。
入口だけをみる予定だから大丈夫とは言われたけれど心配。。。


そして母は車椅子に乗って気管支鏡検査へ。
母も先に検査の説明を聞いていてかなり不安になっていたので、
『今日は入口だけ診ることになったから大丈夫だよ😊
   頑張って!行ってらっしゃい!』
と笑顔で送り出した。


…つづく。

by necorin29 | 2018-04-19 11:05 | Comments(0)