人気ブログランキング |

ブログトップ

気管にできた腺様嚢胞癌と闘う母の記録

母が退院してから愛用しているもの。


2018.8.27(月)

退院してから約2週間。
今までの退院では日に日に体調が悪化して誤嚥性肺炎になって再入院 になっていたけれど、今回は日に日に体調が落ち着いてきているのが嬉しい(^ω^)

数時間おきに息苦しくなったり、痰が出しづらかったり、というのは今も変わらずだけれど、これは気管に入っているステントの影響もあるので、それを受け入れて生活していかないといけないみたい。

でも今までのことを思えば、この状態でもとても安定している状態なのです。


******


さてさて、
今回は、母の退院に合わせて自宅に揃えたものを記録しておこうかと。
1度目の退院時に揃えたものから、つい最近購入したものまでいろいろあるので、どなたかの参考になれば(^ω^)



☆ネブライザー
e0397323_15194891.jpeg
がんセンターから退院前に、一番最初に購入したのがネブライザーでした。
放射線治療の副作用でかなり辛い中やっとこ家に帰ってきて、すぐにネブライザーをしたんだよなぁ。
そのあとすぐ再入院になってしばらく出番がなかったけど、今は毎日使用しています。



☆介護ベッド
e0397323_15201410.jpeg
気管の手術をしてステントが入っている影響で、まっすぐ仰向けになった状態で寝ることが困難になってしまったので、上体を起こせる介護ベッドをレンタル。
このベッドにたくさんの枕やクッションを並べて(積んで)寝やすい体勢を自分で調整しています。



☆パルスオキシメーター
e0397323_15203665.jpeg
血液中の酸素量を、指を挟むだけで簡単に測ることができます。
今は少し落ち着いているけど、少し前まで発作のように咳込んで苦しくなることが続いていたので、そういう時に指に挟んで数値を見ながら呼吸を落ち着かせる目安にしています。
数値で見ることで安心材料にもなるみたい。
逆に低くて焦る時もあるけど。
ちなみに、この写真は私の指で測ってます。



☆車椅子
e0397323_15212368.jpeg
歩けないわけではないけれど、息苦しいときや体調不良の時は少し歩くだけでも疲れてしまうので、車椅子をレンタル。
コンパクトだし見た目もグー。



☆お風呂用介護チェアー
e0397323_17113271.jpeg
祖母がいた頃に使っていたイスも介護用だったけど、背もたれや肘掛けがないタイプだったので、今回新しく買い替え。
まだシャワーの途中で苦しくなったりしたことはないけど、疲れたり苦しくなった時は背もたれがある方が安心。



☆ワイヤレスチャイム
e0397323_15215745.jpeg
かすれた小さな声しか出せなくなってしまった母。
用があって呼びたい時、特に夜中に苦しくなった時はベッドから歩いて呼びに行くこともできないし大きな声で呼ぶこともできないので、これを購入。
写真左の丸い方のボタンを母が自分の部屋で押すと、私や父が違う部屋にいても写真右の四角いスピーカーから音が鳴る。
何種類か音が選べるようになっているけれど、うちでは『エリーゼのために』の一節が流れるようにしてある。
夜中に枕元で『エリーゼのために』が流れるとドキッとするけど、最近はだいぶ慣れましたw



☆とろみをつける粉
e0397323_15221636.jpeg
誤嚥防止のために全ての液体にとろみをつけないといけない母の必需品。
いろんなメーカーから出ていますが、今使ってるのは病院の売店で売っていたコレ。
一本一本個包装になっていて携帯用には便利だけど、家では入れ物に移し替えて使っているので、次に購入する時は個包装ではなくて缶入りとかのを買おうかと。



☆ごはんにあうソース  たまご風味
e0397323_15223705.jpeg
これは病院の食事で、お粥のお供についてきていて。
『これがないとお粥が食べられない!』ってくらい母がとっても気に入ったので、インターネットで探して購入。
卵かけごはんの味になって、とっても美味しいので私もお気に入り♪



☆お薬カレンダー
e0397323_15225634.jpeg
以前は1日だけでたくさんのお薬を飲んでたので、1週間分の仕分けボックスに1日分のお薬を分けて入れていたのですが、
ここ最近はだいぶお薬の量が減ったので、1週間分をカレンダーで仕分けすることに。
飲んだか飲んでないかもすぐ分かるし、なかなか使い勝手いいです。



☆口腔ケアスポンジ
e0397323_15231301.jpeg
母の場合は口腔ケアというよりは、誤嚥防止のためのアイスマッサージに使っています。
そのまま使うのではなく、事前にスポンジの部分に水を含ませて冷凍室で凍らせておいて、食事前に唇や口内をマッサージします。
袋から出して、スポンジを水に浸して、また一本ずつ袋に入れて…という内職のような作業は母がやっています(^ω^)


☆円座クッション
e0397323_15233362.jpeg

e0397323_15235164.jpeg
1月に病気が発覚してから、術後約1ヶ月人工呼吸器装着で飲まず食わずだったり、その後も以前のように量を食べられなくなったり、誤嚥性肺炎で食欲が落ちたり…などなどを繰り返して、体重がだいぶ落ちてしまった母。
急に痩せたことで、座っているとお尻の骨が当たって痛くて痛くて仕方なくて、体勢を変えるたびに顔をしかめていたので、インターネットでいろいろ検索。
で、この『お医者さんの円座クッション』を見つけて購入。
その名の通り、お医者さんが考案した円座クッションで、低反発だけど柔らかすぎず硬すぎず安定した座り心地。
母も気に入ったようで、リビングのソファーに座る時も、夜ベッドで寝る時も、この円座クッションに座っています。



他にも細々したものはありますが、今はこのようなものに囲まれて生活しています。

その時々でまた必要なものが出てくると思うので、その都度合うものを見つけていけたらいいな^_^

by necorin29 | 2018-08-27 14:30 | Comments(0)