ブログトップ

気管にできた腺様嚢胞癌と闘う母の記録

退院後初めての診察日。


2018.9.6(木)

今日は退院してから初めての診察日。
今までも退院するときに次回の診察日の予約をしていたけど、診察日を待たずに再入院しちゃうってのを繰り返してたのでね。  
急患じゃなくて、予約日に診察に来れたことが嬉しい(^ω^)

受付し終わったところで、お世話になってた病棟の看護師さんとバッタリ♪
『体調悪化??』と思ってドキドキしたみたいだけど、『診察日なんですよ〜』と言ったら、
『おうちで過ごせてるようで良かったわ〜♡』とすごく喜んでもらって、それも嬉しかったなー。


診察前にまずは検査。
朝8時過ぎには病院について受付したのに、すでに検査待ちの患者さんがたくさんいて、血液検査→レントゲンが終わったのが9時半!
いつものごとく、検査待ちで疲れる母。
咳き込みも酷くなってきて、胸が痛くなってきてしまった。


その後ようやく診察!

主治医『今回は家で頑張れてるね〜!むくみもなさそうだね。体調はどうかな?』
母『まぁまぁ…かな〜ぁ』

そんな会話から始まり、再入院にならずに診察に来れたことに主治医も喜んでくれている様子。

息苦しさ、胸の苦しさ、痰の出しづらさは、少し落ち着いてる日が続いてるかな〜と思ったら、ここ数日は台風の影響か入院してた時とそんなに変わらないし、夜も頻繁に咳込んで眠れない…ということを伝えたら、

『肺炎になりかけてるからねぇ』と一言。

えぇーーっっ⁉︎
まさかのまたまた肺炎(なりかけ)。

『なりかけ』なので、血液検査での炎症反応はなし。
熱も36.6℃で平熱。
主治医がレントゲンの結果をみて、なりかけって分かるレベル。

ここ数日の息苦しさや夜中の頻繁な咳き込みは、台風の影響もあるけど、もしかしたら前兆だったのか??

まぁとにかくまだ『なりかけ』の段階で早く分かってよかった。

今日からまた抗生物質2種類を1日3回 2週間飲むことになった。


歩くときに少しふらつきがあるのと、手足が震えるような感じがあることを伝えたら、
血液検査の結果で、カリウムの値が少なくなってるからそれもあるかもしれないということで、朝晩カリウムの錠剤が追加された。

あとは、今までむくみを取るために飲んでいた『イソソルビド』という水薬が、朝昼晩40mlから20mlに減薬になった。
マズイ、というか喉がカーッとなってとっても飲みづらいお薬だから、一回量が半分になって嬉しそう。

次回診察はまた1ヶ月後。
今度は血液検査・レントゲンの他にCTも撮る予定。

また1ヶ月、在宅記録が更新できますように。
そして、夜少しずつでもいいからゆっくりと眠れる時間が増えていきますように。。。
介護する側からとしても、これは切なる願いなのです!!

by necorin29 | 2018-09-08 11:25 | Comments(0)